競馬 予想

【競馬予想】京都競馬場の特徴

京都競馬場は、芝コースに大きな特徴がある施設です。ダートに関しては1200mと1800mの2つの競走を中心に番組が編成されていますので、単純な形態として存在していることがわかります。一方で、芝に関しては1200mから3200mまで幅広いレースが番組で組み込まれていて、様々なサラブレッドが適性によって使い分けられているという背景があります。

これは当然、競馬予想のときにも非常に重要なポイントになります。京都競馬場の芝では、内回りと外回りの2つが存在します。ダートではそのようなことはありませんが、芝の場合は小回りで直線を迎えるコース形態と、大回りで直線を迎える形態と2つが存在します。内回りの芝の直線距離は約328m前後であり、外回りの直線はそれよりも長く約400mになっています。当然、外回りの方が長い距離を走ることになるため、距離設定が長くなるほど外回りの直線を利用して番組編成が行われているという特徴が存在します。例えば、芝1200mや2000mは内回りコースを利用しますが、3000mや3200mでは外回りを利用します。

また、大きな特徴として坂の存在もあります。本来、日本の競馬場では高低差の激しい坂を直線に設定する傾向が存在します。しかし、京都競馬場の場合はこの坂が直線にはありません。平坦で直線を迎えることになりますので、最後の直線ではそれほどスタミナが必要にならないという見方もあります。しかしこれは間違いで、京都競馬場は他の競馬場と異なって3コーナーに高低差の激しい坂が用意されているという特徴が存在します。この高低差は4m以上も存在し、日本の競馬場では周回コース部分で最大の高低差になっています。

これは、競馬予想をしていく上でも非常に重要なポイントになります。
一般的に、京都競馬場は早仕掛けをする馬が勝てない競馬場として認識されています。なぜこのような認識になっているのかというと、この高低差の激しい坂が存在するからです。日本の競馬場は、多種多様な種類があるため早仕掛けをしないとなかなか直線で相手の各馬を捕らえることができないコースも存在します。

例えば、小倉競馬場などはその典型です。小倉競馬場のように、早くから仕掛けて直線を早め先頭で迎えるような競馬を得意としている馬は、京都では最後の直線で失速をしてしまう可能性が高くなります。直線が坂ではないのにこのようにスタミナが消耗してしまうのは、第三コーナー部分に他には類を見ない坂が存在するからに他なりません。距離が長くなればなるほどこの部分の影響は強くなります。そのため、この競馬場では長距離戦のジーワン競走が設けられているのです。日本では、最も位の高い長距離の重賞レースが2つ存在しますが、その2つともがこの京都で行われます。この理由も、上記のような性質上、スタミナを問いやすい背景が存在するからに他なりません。同様に、他のグレードの高い競走も存在しますが、京都の最も位の高いジーワン競走は全て外回りで行われます。総合力を問いやすいため、番組編成をしやすいからです。

ただ、競馬予想をしていく上では1つだけ注意をしなくてはいけない点もあります。それは、この考え方は外回りにだけ適用されるということです。京都には内回りも存在しますので、実は内回りと外回りでは求められる能力や適性が全く違うという特徴が存在します。これは、統計的なデータを取ると分かりやすいです。例えば、上記のように総合力が問われる外回りでは、直線を迎えて中段から後ろにいたとしても比較的その馬が差し切る傾向があります。長く末脚を使える馬に有利に働くコース形態だからです。反対に、内回りの場合はこういった後方で脚をためるような馬が全く届かないという場面がよく見られます。実際に、内回りは逃げた馬や先行をしている馬が、差しや追い込みを選択した馬よりも勝率が良いというデータが存在します。内回りは、スタミナや総合力よりも前に行く力、つまり先行力が求められるということを知っておかなくてはいけません。これを知らずに後方一気の馬だけを購入し続けると、競馬予想としては失敗に終わってしまう可能性が高くなります。

また、京都競馬場はこのような特殊な形態をしている性質上、実は騎手の腕がモノをいうことが多々あります。昔からの格言として、長距離戦は騎手を見て買え、という言葉が存在します。これは、この競馬場で行われるジーワン競走にも完全に当てはまります。京都は、内回りと外回りの合流地点がポケットになっていますので、その部分を上手く利用して器用な競馬をすることができる馬や騎手が明らかに活躍しています。馬の絶対能力だけではなく、騎手の手腕がモノをいう珍しい競馬場であるため、予想をするときには必ず騎手も確認しておく必要があります。特に、長距離戦ではその傾向が顕著なので覚えておくことが大切です。

厳選された競馬予想はコチラ!

元競馬エイトの高橋氏を筆頭にプロの予想師が徹底的にフォロー!プロ独自の至高の情報を提供します!一昔前からの競馬ファンの方なら知られており、88年には「パドック必勝法-軸がズバリ!」という解説本も発刊してます。またスポーツ紙の競馬担当記者、競馬専門紙のトラックマン、競馬週刊誌の予想担当、ラジオ解説者と競馬メディア全ての媒体で取材経験もあり長年の経験を培ったプロの予想を提供しています。勝馬の栞に行く
JRAではトレーニングセンターがある、俗にいう「東=美浦」と「西=栗東」とで馬・厩舎、そして騎手も所属を分ける形を取っていますが、情報を届ける側も大きくこれに準じる形で配属されます。その東と西、それぞれにスペシャリストを配置しているので、不確定要素を排除した《勝率アップ》が見込めるという。素晴らしい的中率を持つ!競馬予想サイト。トップチームへ行く

無料で利用できる一般的な口コミサイトでは体験できないリアルタイム即反映のクチコミ投稿や競馬の特徴なども分かり易く説明したサイト!クチコミkeiba nowに行く

 

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!