競走馬情報

【競馬】競走馬ブラックスピネルとは

【競馬】競走馬ブラックスピネルとは

生年月日 2013年2月14日
調教師 音無秀孝 (栗東)
馬主 サンデーレーシング
募集情報 1口:70万円/40口
生産者 ノーザンファーム
産地 安平町
セリ取引価格
獲得賞金 2億1,116万円 (中央)
通算成績 28戦5勝 [5-4-1-18]
主な勝鞍 17’東京新聞杯(G3)
近親馬 モーヴサファイア、ブラックモリオン

【競馬】競走馬ブラックスピネルの血統

タニノギムレット ブライアンズタイム
タニノクリスタル
モルガナイト アグネスデジタル
タンザナイト

ブラックスピネルは、北海道で誕生した6歳馬です。基本的に、競走馬の名前には何らかの意味が込められていることが多いのですが、この馬の場合はパワーストーンからきています。これまで28戦して5勝をあげ、2年前には外国人騎手の巧みな手綱さばきで初重賞勝利を飾っています。デビューから期待されていた馬で、数々の重賞競走に出走しているのですが中々勝ち運には恵まれず勝利まであと一歩というところまできているのです。

このような戦歴を持つブラックスピネルの血統背景は、どのようになっているのでしょうか。父はタニノギムレットで、母はモルガナイトです。タニノギムレットは、日本ダービーやスプリングS、シンザン記念に勝利するなど輝かしい実績を誇る馬です。札幌ダートの新馬戦で敗れた後、ケガもあり年末に再始動を果たします。未勝利戦を7馬身差で圧勝し、このころから能力の高さが評価されるようになったのです。産駒の特徴としては、切れ味鋭い末脚にあると言えるでしょう。

中には、タニノギムレットはブライアンズタイムの子だから、パワー向きのダートが適しているのではないかという人もいるかもしれません。確かに、ブライアンズタイムは大種牡馬として多くのダートで大活躍した子を送り出してきた実績があります。ところが、タニノギムレットの場合はそれ以前の馬の影響を受けて軽いスピードを持ち味として活躍しました。その影響が、ブラックスピネルにも受け継がれたことで3歳や4歳の頃には、何度も上がり最速をマークしています。

最近は、年齢の影響もあってこれまでのような末脚を披露することは少なくなりました。タニノギムレットの母は、タニノクリスタルで京都の芝1,400メートルを買った実績があります。桜花賞やオークスでも敗れたとはいえ、そこまで着差がつかず惜しいレースを何度も繰り広げました。母の父であるクリスタルパレスは、グレイソヴリンの血を持っているため、ここから圧倒的なスタミナとパワーが受け継がれることになります。一般的に、スタミナは母系からもたらされると言われていますのでブラックスピネルが長距離を走ることができるのも、この影響が強いことが分かります。兄弟には歴史的名馬である、ウォッカがおり牝馬にもかかわらず日本ダービーを勝利したことで競馬を語る上で欠かすことのできない存在なのです。

ブラックスピネルの母の父はアグネスデジタルで、現役時代には芝もダートもこなす二刀流として活躍しました。スピードというよりもむしろパワータイプで、外回りを得意とすると当初は言われていましたが、内回りに優れた成績を残しています。この血統の場合、得意コースは京都の芝2,200メートルでこの舞台で行われる京都新聞杯の勝ち馬が何頭かいます。かつては、先にも述べたウォッカやスマイルジャックをはじめとして東京コースを得意とする馬を送り出していたのですが、年齢を重ねるにつれてその様相が変わってきたと言えるでしょう。それでも、坂の無い長い直線で抜群の末脚を活かすタイプという本質は忘れないでいることが大切です。

以前は、東京と新潟の芝1,600メートルが能力を発揮できる舞台として知られており、ギリギリまで溜めた末脚を一気に放ち、カミソリと形容されるほどの切れ味鋭い差し切りが武器でした。ブラックスピネルの過去のレースを見ても分かるのですが、上がり最速をマークできた時はペースが速く自分から動かないとどうしようもないという展開が多かったのです。そのため、この血統では展開に左右されることが多く、差しや追い込みを特徴とするため自分からレースの展開をつくることができないという短所が指摘されています。

その反面、馬場がある程度以上に荒れると受け継いだ力強さを発揮し、普段であれば届かない直線でも差し切ることができるケースが多く見られます。父の場合、中山芝1,800メートルで開催されるスプリングステークスを後方一気で差し切り、まさにブライアンズタイム産駒特有の丸みを帯びた弾力性のある馬体が、中山の急坂を乗り越えるのにベストな状況だったと言われているのです。続く皐月賞では距離で1ハロン伸びて、より状況が好転するのではと話題になっていたのですが大外を回り過ぎて3着に終わっています。

日本ダービーでもこれまでと同じように後方に待機し、じっくり脚を溜めます。距離が2,400メートルということもあり、これまで以上に末脚を弾けさせるチャンスが訪れていたのです。大方の予想通り、人気に応えて勝利を飾り見事ダービー馬に輝きます。こういった勝負強さがブラックスピネルにも受け継がれたのか、展開的にも勝つのは難しいだろうと言われているレースでも、一気に差し切るのを見るといかに血統の影響が大きいのかを窺い知ることができます。タニノギムレット産駒は少なくなってきているため、貴重な競走馬として注目されています。

厳選された競馬予想はコチラ!

元競馬エイトの高橋氏を筆頭にプロの予想師が徹底的にフォロー!プロ独自の至高の情報を提供します!一昔前からの競馬ファンの方なら知られており、88年には「パドック必勝法-軸がズバリ!」という解説本も発刊してます。またスポーツ紙の競馬担当記者、競馬専門紙のトラックマン、競馬週刊誌の予想担当、ラジオ解説者と競馬メディア全ての媒体で取材経験もあり長年の経験を培ったプロの予想を提供しています。勝馬の栞に行く
JRAではトレーニングセンターがある、俗にいう「東=美浦」と「西=栗東」とで馬・厩舎、そして騎手も所属を分ける形を取っていますが、情報を届ける側も大きくこれに準じる形で配属されます。その東と西、それぞれにスペシャリストを配置しているので、不確定要素を排除した《勝率アップ》が見込めるという。素晴らしい的中率を持つ!競馬予想サイト。トップチームへ行く

無料で利用できる一般的な口コミサイトでは体験できないリアルタイム即反映のクチコミ投稿や競馬の特徴なども分かり易く説明したサイト!クチコミkeiba nowに行く

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!