競走馬情報

【競馬】競走馬ゴールドラグーンとは

【競馬】競走馬ゴールドラグーンとは

生年月日 2016年1月31日
調教師 斉藤崇史 (栗東)
馬主 吉田晴哉
生産者 追分ファーム
産地 安平町
セリ取引価格
獲得賞金 3,420万円 (中央)
通算成績 7戦3勝 [3-1-1-2]
主な勝鞍 19’西日本スポーツ杯(2勝クラス)
近親馬 スターズレディ、ミュトスレディ

【競馬】競走馬ゴールドラグーンの血統

ゴールドアリュール サンデーサイレンス
ニキーヤ
レディマールボロ Smoke Glacken
Lady Doc

ゴールドラグーンは、2016年に北海道で誕生した競走馬です。これまで7戦し3勝しています。デビュー戦は、元々予定していた阪神でのレースで除外されたことを受けて、京都でのダート1,800メートルでした。3番人気で2着という結果に終わり、残念ながら初戦で初勝利を飾ることはできなかったのですが、続く同じ舞台で圧倒的1番人気に推され外国人騎手の手綱さばきで見事勝利をおさめることができました。

今年に入って地方重賞に挑戦し、6着でレースを終えています。この時に勝利したのが今後のダート界を引っ張っていく存在だと言われている馬ですので、貴重な経験ができたのではないでしょうか。このような戦歴を持つゴールドラグーンは、これまでダートしか走ったことがありません。まだ3歳のため、今後芝を使う可能性もあるかもしれませんが血統構成がダート向きであるため、馬主も調教師もどちらかというとダートに適性があると見ているのでしょう。

それと言うのも、ゴールドラグーンという名称からも分かるように父がゴールドアリュールだからです。ゴールドアリュールは、現役時代に数々のダート競争で勝利を手にしてきた名馬でもあります。中長距離を主な主戦場としていましたので、ゴールドラグーンにもその影響が現れていると言えます。

ここで、血統にある程度詳しい人であればサンデーサイレンス系にもかかわらず芝適性ではないのか、と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。確かにサンデーサイレンス系は芝で大物を輩出する傾向が強いですが、ゴールドアリュールの場合は母系のヌレイエフの影響が強く出ています。ヌレイエフは日本で走ったことはありませんが、種牡馬として様々なタイプのダート馬を日本にもたらしています。特にスピードに優れ、産駒は持ち前のスピードを武器に先行してそのまま押し切るというパターンが多く見られるのです。

また、母系に注目してみるとミスタープロスペクター系の血が強烈に現れています。ミスタープロスペクターは、競馬に詳しくない人でも名前は聞いたことがあると言われるくらい有名な種牡馬で、サンデーサイレンスとトニービンと並んで、日本の競馬界に大きなえいきょうを与えた三大種牡馬の一頭と言われています。つまり、父系も母系もダートの適性を持った血で固められているためその仔も芝ではなく、ダートが得意となるのです。ゴールドアリュールの母であるニキーヤは、フランスの地で3勝をあげた馬です。そこまで強いという馬ではなかったのですが、その血統を見てみるとアメリカのG3を勝利した経験のある馬で構成されています。

このような特徴を鑑みても、ダートの特に中長距離がこれからも期待されることが窺えます。今後の成長が期待されますが、この血統構成の場合2月に行われるフェブラリーステークスや伏竜ステークスなどが得意舞台となると言われています。特に、フェブラリーステークスではこの産駒はかなりの確率で連対するという記録が残っているため、来年の2月は非常に楽しみだと言われているのです。このレースは、東京の1,600メートルで行われるため基本的に外枠が有利だということで有名です。どのようなコースでも、内枠の方が距離のロスなく立ち回れるため内の方が有利ではないか、と思う人もいるかもしれません。ところが、全ての馬場で内が有利なのではなく、スタート直後にインがごちゃついて結果的に自分の思うような位置取りができずその馬の本領を発揮させることなく終わってしまうことが多くあります。

また、インをつきすぎると最後の直線で前の馬にスペースを塞がれてしまい前詰まりになってスピードが落ちるケースも考えられるのです。東京のマイルであればコースも広いですし外に向かってゆったりとした特徴があるため、外からスタートした方が走りやすいという傾向があります。ただし、気を付けなければならないことがあります。それは、馬場が悪くなるのはあまり得意ではないということです。実際、初めての重賞挑戦となった園田競馬場でのレースが重馬場だったのですが、ぬかるみに足をとられて持ち前のスピードを発揮できない状況でした。今年の9月に実施された小倉競馬場でのレースでは、重馬場よりも悪い状態を示す不良馬場でしたがこの時には1着になっています。しかし、この時のクラスは2勝クラスであったためそこまで相手が強かったとは言えないのです。

今後も、レベルの高いレースに出走した際に馬場が悪化している状態であれば、少々割引して評価をした方が賢明かもしれません。ゴールドラグーンをはじめとして、ゴールドアリュールの産駒は年齢が高くなるにつれて成績が下降していくという特徴があります。まだ3歳のため、これからも成長すると言われていますが一定の年齢を超えると、予想をする際に意識する必要があるでしょう。主戦騎手が決まっていませんが、安定すると馬の能力を存分に引き出す可能性が高いです。

厳選された競馬予想はコチラ!

元競馬エイトの高橋氏を筆頭にプロの予想師が徹底的にフォロー!プロ独自の至高の情報を提供します!一昔前からの競馬ファンの方なら知られており、88年には「パドック必勝法-軸がズバリ!」という解説本も発刊してます。またスポーツ紙の競馬担当記者、競馬専門紙のトラックマン、競馬週刊誌の予想担当、ラジオ解説者と競馬メディア全ての媒体で取材経験もあり長年の経験を培ったプロの予想を提供しています。勝馬の栞に行く
JRAではトレーニングセンターがある、俗にいう「東=美浦」と「西=栗東」とで馬・厩舎、そして騎手も所属を分ける形を取っていますが、情報を届ける側も大きくこれに準じる形で配属されます。その東と西、それぞれにスペシャリストを配置しているので、不確定要素を排除した《勝率アップ》が見込めるという。素晴らしい的中率を持つ!競馬予想サイト。トップチームへ行く

無料で利用できる一般的な口コミサイトでは体験できないリアルタイム即反映のクチコミ投稿や競馬の特徴なども分かり易く説明したサイト!クチコミkeiba nowに行く

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!