競走馬情報

競馬【競走馬】カデナとは

カデナとは

生年月日 2014年3月30日
調教師 中竹和也 (栗東)
馬主 前田幸治
生産者 グランド牧場
産地 新ひだか町
セリ取引価格 3,780万円 (2014年 セレクトセール)
獲得賞金 1億3,893万円 (中央)
通算成績 19戦3勝 [3-3-3-10]
主な勝鞍 17’弥生賞(G2)
近親馬 スズカコーズウェイ、クイーンリヴィエラ

「カデナ」とは、日本の中央競馬の現役5歳牡馬の競走馬です。新ひだか町のグランド牧場にて2014年3月30日にこの世に生を受けました。父は言わずとも知られている歴代日本一の競走馬である「ディープインパクト」、母は「フレンチリヴィエラ」、母の父は有名な「フレンチデュピティ」という高血統配合であることから常に注目を浴びている競走馬の一頭です。

父のディープインパクトは至上最高の7冠馬であり、母父のフレンチデピュティはアメリカ合衆国の競走馬で海外で6戦4勝を挙げており、どちらかというと産駒が有名であり、種馬として大活躍しています。そして、カデナの馬主は、ノースヒルズ代表を務める前田幸治氏で、勝負服は水色と赤色の赤十字柄、赤袖水色一本輪で一度目にすると忘れられないインパクトがあるので分かりやすいです。

カデナの全く同じ配合である有名な兄弟には、2009年に開催された京王杯スプリングカップを制した「スズカコーズウェイ」、2012年に開催されたリボン賞を制した「クイーンリヴィエラ」の2頭がいます。

カデナの2019年9月1日時点での戦歴は19戦3勝で、主に2歳の時に勝利をおさめています。栗東の中竹和也厩舎に入厩して競争成績の詳細は、阪神の新馬戦では堂々たる2番人気の2着、2歳未勝利戦で1番人気で初勝利を挙げ、そして東京の百日草特別で2着、その後GⅢレースの京都2歳ステークスでは直線で大外を一気に突き抜けて、見事重賞初制覇を果たしました。皐月賞に直結する重要な前哨戦である弥生賞は1番人気に推されて、競馬ファンの期待通りに逃げる馬をゴール前で交わして重賞連勝をおさめました。

競馬に関わる陣営なら誰もが憧れる3歳クラシックレースの一つ目である「皐月賞」では、3番人気に推されながらも輸送による馬体減と荒れていない乾いて硬い特殊な馬場状態による理由ということから、直線で伸びずにこれまでの最悪着順である9着に沈んでしまいました。

その後は、GⅠクラシックレースの2つ目である「日本ダービー」では11着、10月東京開催の「天皇賞秋」ではまさかの16着、さらにはGⅡレースである「神戸新聞杯」や「マイラーズカップ」、翌年2018年の4歳ではGⅢレースである「中山金杯」や「東京新聞杯」、「函館記念」などにも出走しましたが10ケタ台という着順となり、大敗が続くなど成績は低迷していました。その後、重賞レースから遠ざかり、未重賞レースを出走するほどになり、陣営は素質は絶対的なものがあるのに、何が原因であるのか分からずに悩んでいる時期でもありました。

2019年は休養明けの「大阪城ステークス」で14着に沈みましたが、その後の4月に行われた「福島民報杯」では11番人気でレースがハイペースで先行勢が総くずれする中で、後方から追い込んで約2年ぶりの馬券内となる3着に入ることができました。6月開催の函館のオープンクラスの「巴賞」でも後方から追い込んで3着に好走するなど、2戦続けて馬券内に入り、復活の予兆を見せ始めていました。

8月に開催されたGⅢレースの「小倉記念」では5走ぶりの重賞出走で、9番人気でありながら、直線序盤で進路が狭くなりましたがラストは鋭く追い込み、1着の勝ち馬とはクビ差の2着に食い込むなど、明らかな復調を示しました。そして、一番最近の出走レースであるGⅢレースである重賞の「新潟記念」でも、ゲート出走後は最後方に待機していて大丈夫かと心配していましたが、直線で一気に追走して上がり3F最速タイの33秒6の末脚で追い込み、見事3着という4戦連続の馬券内に入る実力を見せました。新潟記念を制していれば、1着賞金4100万円に加えて褒賞金4000万円のビッグボーナスをもらえるサマー2000シリーズ最終戦のチャンスがありましたが、結果として残念ながら逃しました。

カデナは、ディープインパクト産駒で父と同じように優れた瞬発力を持つ、追い込み型の脚質を持った競走馬です。2016年に勝利した重賞レースは2走ともに2000mなので、適正距離は1800m~2000mと言えます。また、競走馬によっては得意な競馬場などがありますが、カデナにかぎってはどの競馬場でも右回りでも左回りでも影響なく、走ることができると評されています。

性格は自己主張が強く、頭も良く、自分でオンオフがしっかりと切り替えられる馬と言われており、人間に対しても従順で操縦しやすく乗りやすいと騎手からの評判です。これまでたくさんの騎手が騎乗していますが、確かに騎手によっての成績が異なることはなく、不調な時は馬自身の問題が考えられます。

一時の低迷していたスランプの時期から脱してようやく本来の力を見せるようになってきたので、完全復帰となる日も遠くないです。次走で出走するであろうレースにおいても、馬券に絡む要注意の一頭になることは間違いないです。

厳選された競馬予想はコチラ!

元競馬エイトの高橋氏を筆頭にプロの予想師が徹底的にフォロー!プロ独自の至高の情報を提供します!一昔前からの競馬ファンの方なら知られており、88年には「パドック必勝法-軸がズバリ!」という解説本も発刊してます。またスポーツ紙の競馬担当記者、競馬専門紙のトラックマン、競馬週刊誌の予想担当、ラジオ解説者と競馬メディア全ての媒体で取材経験もあり長年の経験を培ったプロの予想を提供しています。勝馬の栞に行く
JRAではトレーニングセンターがある、俗にいう「東=美浦」と「西=栗東」とで馬・厩舎、そして騎手も所属を分ける形を取っていますが、情報を届ける側も大きくこれに準じる形で配属されます。その東と西、それぞれにスペシャリストを配置しているので、不確定要素を排除した《勝率アップ》が見込めるという。素晴らしい的中率を持つ!競馬予想サイト。トップチームへ行く

無料で利用できる一般的な口コミサイトでは体験できないリアルタイム即反映のクチコミ投稿や競馬の特徴なども分かり易く説明したサイト!クチコミkeiba nowに行く

 

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!