競走馬情報

【競馬】競走馬カヴァルとは

生年月日 2015年2月8日
調教師 勢司和浩 (美浦)
馬主 サンデーレーシング
募集情報 1口:50万円/40口
生産者 社台コーポレーション白老ファーム
産地 白老町
セリ取引価格
獲得賞金 5,176万円 (中央)
通算成績 13戦4勝
主な勝鞍 19’マレーシアC(3勝クラス)
近親馬 ファドーグ、フィップル

競馬をする人口は一定数おり、日本においては人気のギャンブルとなっています。毎年新しい馬が出て、数々のレースをこなしていく内に人気の競走馬に成長していくわけですが、競馬の初心者がどの馬にかければいいかわからない場合、まずは血統を重視するのも大切です。

基本的には大事とされるのは、父親の血統と母親の父親の血統となります。馬の予想をするときに血統評論家がみているのはそこのところであり、父馬と母馬の父から考えてどのような走りをし、特徴があるかを予想出来るからなのです。

例えばカヴァルという競走馬がいますが、この馬は2015年に白老町が生誕の地です。母親はペニーホイッスル、父親はエイシンフラッシュで、現在までに通算して1勝をあげています。ここではそんな競走馬のカヴァルについて、その血統や特徴、これまでのレース結果などを紹介していきましょう。

基本的な情報では、カヴァルの調教師は勢司和浩さん、馬主はサンデーレーシングです。まず血統では、父馬のエイシンフラッシュはキングベストとムーンレディを両親にもち、母馬のペニーホイッスルはサンデーサイレンスとラークホイッスルという両親から誕生しています。

エイシンフラッシュはドイツからの持ち込みであり、品種はサラブレッドで、2010年の東京優駿と2012年の秋の天皇賞で優勝しました。名前の由来は冠名に閃光を足したものです。そして母方の祖父であるサンデーサイレンスはアメリカで活躍し、1988年に競走馬としてデビューをしてG1を6勝する活躍をみせ、エクリプス賞にも選ばれた馬として評価が高くなっています。これから考えると、カヴァルは血筋では問題なく優秀な生まれといえるでしょう。

カヴァルの兄弟馬は5頭いて、代表的な馬としてはファドーグがいます。2014年にはフィップルが、そして2010年にはプーカという兄弟が生まれており、それぞれの獲得賞金はフィップルが7550000円、プーカが4560000円、そしてファドーグが63290000円です。

カヴァルは484キログラムから494キログラムの時に好走しています。全平均体重は491キログラムで、競馬での好走時の平均体重は489キログラムでした。そして現在までに、10800000円をレースで獲得しています。本賞金が10800000で付加賞金はなし、平地収得賞金は4000000円です。なお、障害収得賞金もありませんでした。

カヴァルは複勝回収率が153パーセントで、人気以上に好走している馬です。勝率は14パーセント、連帯率と複勝率はともに43パーセント、単回収は69パーセントとなっています。それなりに信頼度が高い馬と言えるでしょう。

カヴァルの脚質は差しの傾向があり、平均上がり3Fタイプは35.6秒となっています。騎手はこれまでに、北村宏司・柴山雄一・丸山元気・内田博幸・津村明秀・Fミナリクが騎乗していて、最も勝利数が多い騎手は北村宏司選手です。遠征経験がなく、1700メートルから2400メートルでの中距離での好走実績が多くなっています。
では、カヴァルのこれまでの競馬レースでの戦歴・全成績を紹介しましょう。

2017年の10月15日に2歳新馬レースに出場、コースは東京芝の1800メートルで人気は8、着は2でした。
2017年の12月17日の2歳未勝利レースでは中山芝2000メートルで、人気は6、着は13着です。
2018年の2月17日の3歳未勝利レースで東京芝1800メートルに出場し、人気は6で着は5でした。
同じ2018年の3月10日に3歳未勝利レースに出場、中山ダート1800メートルのレースでは人気1でしたが結果は5着となっています。
2018年6月3日の3歳未勝利レースでは、東京芝2000メートルで、人気は4着は2で、2週間後の6月16日の3歳未勝利レース、東京芝1800メートルでは人気が3、着は6でした。
そして2018年の8月12日に行われた3歳未勝利レースは新潟芝1800メートルでしたが、この時に人気2で着が1位です。このレースは非常に評価が高く、一気にカヴァルの名を広めた試合となりました。そのため、新潟でのレースを楽しみにしていたファンが多かったようです。

現在インターネット上の掲示板では、カヴァルは良い馬であるのに騎手が下手、もしくは相性が悪いのではないかとする意見が散見されます。血筋もよく伸びがある馬でG1での勝利という過去があるにも関わらずレースで結果が出ないのは騎手の力が大きい、ということで、折角いい馬なのにもったいないという意見が多数でした。

特に2019年9月に新潟でのレースでは、騎手となった三浦皇成の腕が悪く、馬が非常に硬くみえたということで評価は散々な結果となっています。ですから勝利の成績をもっている騎手、北村宏司で再度挑戦してほしいと望んでいる競馬ファンが非常に多いでしょう。

厳選された競馬予想はコチラ!

元競馬エイトの高橋氏を筆頭にプロの予想師が徹底的にフォロー!プロ独自の至高の情報を提供します!一昔前からの競馬ファンの方なら知られており、88年には「パドック必勝法-軸がズバリ!」という解説本も発刊してます。またスポーツ紙の競馬担当記者、競馬専門紙のトラックマン、競馬週刊誌の予想担当、ラジオ解説者と競馬メディア全ての媒体で取材経験もあり長年の経験を培ったプロの予想を提供しています。勝馬の栞に行く
JRAではトレーニングセンターがある、俗にいう「東=美浦」と「西=栗東」とで馬・厩舎、そして騎手も所属を分ける形を取っていますが、情報を届ける側も大きくこれに準じる形で配属されます。その東と西、それぞれにスペシャリストを配置しているので、不確定要素を排除した《勝率アップ》が見込めるという。素晴らしい的中率を持つ!競馬予想サイト。トップチームへ行く

無料で利用できる一般的な口コミサイトでは体験できないリアルタイム即反映のクチコミ投稿や競馬の特徴なども分かり易く説明したサイト!クチコミkeiba nowに行く

 

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!