競走馬情報

【競馬】競走馬レイエンダとは

生年月日 2015年1月30日
調教師 藤沢和雄 (美浦)
馬主 キャロットファーム
募集情報 1口:17.5万円/400口
生産者 ノーザンファーム
産地 安平町
セリ取引価格
獲得賞金 9,626万円 (中央)
通算成績 9戦4勝
主な勝鞍 19’エプソムC(G3)
近親馬 レイデオロ、ティソーナ

レイエンダとは日本中央競馬会に所属している競走馬で、能力が高くこれから先の活躍が期待されていて人気もとても高い馬です。
レイエンダは2015年1月30日に北海道安平町にあるノーザンファームで誕生したのですが、父はダービーなど数々のG1を勝利したキングカメハメハで母はラドラーダです。

母の父はシンボリクリスエスということもありかなりの良血馬として生まれた時から評判が大変高く、全兄は日本ダービーや天皇賞春などを制したレイデオロということもあり牧場関係者の期待もとても大きいです。
2歳になってから兄のレイエンダと同じく藤沢和雄厩舎に入り、兄が日本ダービーを制した2ヶ月後の7月30日に札幌競馬場の芝1800mの新馬戦でデビューして圧勝しました。

この時の単勝オッズは1.2倍で新馬戦でここまで圧倒的な人気になるのは珍しく、この点だけを見てもこの馬に対するファンの期待が大きかったことが分かります。

鞍上も大活躍しているルメール騎手が乗っており厩舎の期待も大きいことが窺えますが、高評価通りの走りで圧勝したところにこの馬の底力が分かります。
ルメール騎手も厩舎も当然クラシックを意識していたのですが、このレースの終了後骨折が判明して軽度ではあったのですが復帰までに6ヶ月ほどの月日を要しました。

骨折をしてしまったこともあり2歳時は新馬戦で勝った1勝に終わったのですが、復帰戦の2018年5月18日の夏木立賞は条件戦ながら単勝2.1倍の圧倒的1番人気に推されて人気に応えて圧勝しました。
約10ヶ月ほどの久々のレースでしたが相手関係があったとはいえその力強い勝ち方に多くのファンは熱狂して、これから先の活躍を確信した人もけっこういました。

その後7月22日に行われた松前特別に出走したのですが、この時も単勝1.4倍の圧倒的1番人気に推されて期待通り圧勝しました。
この時点で3戦3勝と連勝を飾ったこともありどこまで強いのかワクワクしていたファンも大勢いたのですが、ここまでは条件戦だったこともあり問題はこの先強い馬とどのようなレースをするかという点でした。

本当に強い馬と当たった時に勝てるかどうか考え込んでしまう人も多かったのですが、その試金石となったのが2018年9月17日に行われたセントライト記念でした。

セントライト記念は重賞ということもあり比較的強い馬が揃っていたのでどのようなレースをするか注目されたのですが、それでも単勝オッズは1.9倍と不動の一番人気に推されたところにこの馬を支持している人の多さが分かります。

ただ今までの相手とは違うこともありジェネラーレウーノに負けて2着と初めて負けたのですが、それでも初重賞挑戦としては上々の結果であると多くの人が納得しました。

その次のレースは2018年12月1日のチャレンジカップでこの時も単勝2.1倍の1番人気に推されましたが、一線級の古馬との対戦ははじめてだったこともあり6着に敗れました。

一線級の古馬を倒すのはそれほど簡単なことではないので仕方がないと感じる人も多く、レースを重ねることによって強くなっていくと考える人もけっこういました。
ただその後2019年2月3日の東京新聞杯では8着に敗れたのですが、この時はじめて1番人気の座を明け渡し9.9倍の5番人気でした。
ファンも少し時間が必要なのではないかと考えたり相手との力関係を比較して5番人気となったのですが、結果は8着だったので不完全燃焼に終わったレースだと感じた人も多かったです。
その後5月18日にオープン特別であるメイステークスに出走して2.6倍の一番人気に推されたのですが、馬場状態が良くないこともあり直線伸びず9着に敗れました。
3戦連続して掲示板を外したこともあり6月9日のエプソムカップでは8.6倍の5番人気と人気を落としたのですが、この時は直線鮮やかに差し切って久々に優勝しました。

力のある馬だけに優勝してもさほど驚かれることなく、力を出し切ることができれば重賞でも勝てる力のある馬だと再評価されました。
何しろ兄はレイデオロでありこの馬自身も素質が高いので重賞級でも勝てると多くの人が思っていましたし、G1でも通用する力があると考えている人も沢山います。

エプソムカップの後の9月1日に新潟競馬場で行われた新潟記念では3.3倍の1番人気に推されましたが、馬場状態の関係もあり10着に終わりました。
それでもレイエンダに対する評価は落ちることはなく大変素質のある馬なので、態勢を立て直してこの馬の形になれば一線級相手でも十分に差し切る力があると信じているファンが大勢います。

これがレイエンダの詳細で戦歴は9戦4勝で重賞勝利は今のところエプソムカップだけなのですが、血統から見てもこのままで終わる馬でないと多くの人は思っています。

そのためレイエンダはこれからどのような形で復活して大きなレースで活躍してくれるのか、それを楽しみに待っている人が沢山います。

厳選された競馬予想はコチラ!

元競馬エイトの高橋氏を筆頭にプロの予想師が徹底的にフォロー!プロ独自の至高の情報を提供します!一昔前からの競馬ファンの方なら知られており、88年には「パドック必勝法-軸がズバリ!」という解説本も発刊してます。またスポーツ紙の競馬担当記者、競馬専門紙のトラックマン、競馬週刊誌の予想担当、ラジオ解説者と競馬メディア全ての媒体で取材経験もあり長年の経験を培ったプロの予想を提供しています。勝馬の栞に行く
JRAではトレーニングセンターがある、俗にいう「東=美浦」と「西=栗東」とで馬・厩舎、そして騎手も所属を分ける形を取っていますが、情報を届ける側も大きくこれに準じる形で配属されます。その東と西、それぞれにスペシャリストを配置しているので、不確定要素を排除した《勝率アップ》が見込めるという。素晴らしい的中率を持つ!競馬予想サイト。トップチームへ行く

無料で利用できる一般的な口コミサイトでは体験できないリアルタイム即反映のクチコミ投稿や競馬の特徴なども分かり易く説明したサイト!クチコミkeiba nowに行く

 

 

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!