競走馬情報

【競馬】競走馬トリプルエースとは

生年月日 2017年5月12日
調教師 斉藤崇史 (栗東)
馬主 ゴドルフィン
生産者 Godolphin
産地
セリ取引価格
獲得賞金 1,914万円 (中央)
通算成績 2戦1勝
主な勝鞍 19’2歳新馬
近親馬 クワドループル、ヴァルナビスティー

かつての競馬では、比較的古めかしい名前の競走馬が多くいました。ところが近年では、フランス語やイタリア語が多く用いられるなどハイカラな名前が見られることが多くなり、世界的な競馬に一歩近づいたということができます。その一方で、依然として英単語を組み合わせた名前も多くこちらの方が一般的だとも言われているのです。

競馬で予想を組み立てる際に、みなさんは何を基準にしているでしょうか。初心者は、大体オッズや人気で購入するケースが多いです。なぜなら、初心者ということであまり馬のことが詳しくないですし競馬新聞の読み方も分からないことがあるからです。あるいは、騎手で馬券を購入する人も多いのではないでしょうか。誰もが知っている有名騎手で選んだり、外国人騎手をひたすら買い続けるということも少なくありません。または、調教具合を一つのファクターとすることもあるでしょう。

調教では、坂路などが用いられレースの前にトレーニング積んで少しでも馬をレベルアップさせるために、調教師が専門的な知識や経験を活かして訓練をさせるのです。ただし、調教だけやたらに走ったり反対に調教は全くダメだけれども実際のレースになると、底力を発揮するという馬もいますので、調教が抜群に良かったから無条件に大金をつぎ込むというのは避けた方が良いかもしれません。こういった要素を基にして予想をすることが多いですが、最近ではその馬の血統を重視する人が増加していると言われています。

血統とは、その名の通り血の流れや血脈を意味するもので、人間に当てはめて考えてみるとある人物の父と母、あるいは母の父を重視することになります。基本的には父が重視されることが多く、中には母系を軽視する人もいるのですが実は母系もかなり重要な要素として取り上げなければならないのです。ここでは、トリプルエースという競走馬を例にして見ていきましょう。

トリプルエースの父はシャマダール、母はトリプルピルエットです。父は日本での実績がないため、そこそこ競馬に詳しい人でも聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか。母は日本で走った実績のある馬ですが、重賞を勝ったというような経歴は持ち合わせていません。さて、このトリプルエースの父系はストームバード系で母系はサンデーサイレンス系です。ここまで掘り下げてみると、聞いたことがあったり知っているという人も出てくることでしょう。まず、母系のサンデーサイレンス系について説明します。

この馬は、アメリカで大活躍をした経歴がありこの産駒からはディープインパクトやステイゴールド、ハーツクライなど日本競馬史に欠かすことのできない競走馬が名を連ねています。特徴としては、じっくり脚をためることで繰り出す末脚です。最もこの影響が如実に表れたのは、ディープインパクトではないでしょうか。この2頭はほぼ同じような特徴を持っていますので、比較的重ね合わせやすいと言われています。

その一方で、父系は上述の通りストームバード系です。これは、短距離のダートで圧倒的なスピードを誇り数々のレースで勝利を重ねてきた馬で、種牡馬としても産駒にその能力をきっちりと受け継がせています。スタミナは欠いているものの、その圧倒的なスピードで人気を博しました。

そして、いよいよトリプルエースについて触れます。2017年の誕生で、現在2歳ですので来年のクラシックに名乗りを挙げるのではと言われています。ところが、血統を見ても分かるようにデビュー戦が阪神芝1,200メートルなのです。このレースで見事勝利し、続くレースは初重賞となる小倉2歳ステークス、いわゆるG3戦です。新馬戦に比べて相手も強くなりますし、何より道中のペースがグッと速くなるのが特徴と言えます。

このレースでは2着に食い込み、能力の高さを証明したのですがクラシックは厳しいのではないか、という声があるのも事実です。それと言うのも、これまで見てきたように、中長距離を走れる血統構成ではないからです。確かに、サンデーサイレンスも入っているため実際に走らせてみれば、意外にこなせてしまうかもしれません。

ところが、どうしても父方の血が大きく出てしまうこの世界で長い距離をこの馬に求めるのはどうなのか、という声があります。また、万が一に賭けて長い距離を走らせたところで仮にケガをしたり予後不良ということになると、大きな批判を浴びる可能性もありますし苦しい思いをして生産してきた牧場の人に、申し訳が立たないという風潮もあるのです。

そのため、クラシックではなく例えばNHKマイルカップやスプリンターズステークスなど、これまでの2戦で結果を残してきた短距離で、今後も活躍するのではないかと言われているのです。ただし、調教具合や成長度合いによってはスプリンターからステイヤーに変貌する可能性も捨てきれませんので、今後注意深く見守ることが大切です。

厳選された競馬予想はコチラ!

元競馬エイトの高橋氏を筆頭にプロの予想師が徹底的にフォロー!プロ独自の至高の情報を提供します!一昔前からの競馬ファンの方なら知られており、88年には「パドック必勝法-軸がズバリ!」という解説本も発刊してます。またスポーツ紙の競馬担当記者、競馬専門紙のトラックマン、競馬週刊誌の予想担当、ラジオ解説者と競馬メディア全ての媒体で取材経験もあり長年の経験を培ったプロの予想を提供しています。勝馬の栞に行く
JRAではトレーニングセンターがある、俗にいう「東=美浦」と「西=栗東」とで馬・厩舎、そして騎手も所属を分ける形を取っていますが、情報を届ける側も大きくこれに準じる形で配属されます。その東と西、それぞれにスペシャリストを配置しているので、不確定要素を排除した《勝率アップ》が見込めるという。素晴らしい的中率を持つ!競馬予想サイト。トップチームへ行く

無料で利用できる一般的な口コミサイトでは体験できないリアルタイム即反映のクチコミ投稿や競馬の特徴なども分かり易く説明したサイト!クチコミkeiba nowに行く

 

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!