競馬

【競馬】安田記念とは

安田記念は競馬における重要なレースの1つで、日本中央競馬会が東京において毎年開催しているのが特徴です。
いわゆる重賞競走と呼ばれているもので、レース名の前に農林水産省賞典とつくのが正式名称です。
名前にある安田は明治から昭和時代に掛けて尽力してきた、安田伊左衛門に由来しています。
安田伊左衛門は東京優駿の創設を始めとして、日本中で初代理事長を続けてきた功労者です。
レース場に胸像が建てられていることからも分かるように、日本の競馬界を支えてきた重要な人物だといえるでしょう。

この安田記念は正賞として、農林水産大臣賞や日本馬主協会連合会会長賞、それにブリーダーズカップ・チャレンジ賞があります。
レースの創設は1951年のことで、出走条件に変化はあるものの、2018年は芝1600mの距離を各馬共に出走しています。
基本的な出走条件は国際・指定のサラ系3歳以上で、負担重量は定量で3歳が54kg、4歳以上が58kgで牝馬は2kg減です。
上半期のマイル王決定戦に位置づけられていますから、注目度が高いのはいうまでもなく、ファンであれば目が離せないレースとなります。
初期は安田賞という名前で創設されており、名称の由来となった安田伊左衛門が1958年に亡くなってからは、今の名前に改称されました。
当初は芝1600mを4歳馬以上が出走するハンディキャップ競走で、グレード制が導入された1984年以降は、GIに格づけされています。
施行時期はオークスの前になって、5歳以上の馬が出走する定量戦へと変化します。

1996年以降は日本ダービーの翌週に移設、出走条件は4歳以上、現在は3歳以上に変更となります。
2005年~2011年の間は、アジアマイルチャレンジの対象レースの1つでした。
外国産馬が出走可能になったのは1984年からで、外国馬の出走は1993年以降のことです。
地方競馬所属の競走馬出走は1995年以降と、次々に条件が緩和されて現在の形になっています。
2016年からはブリーダーズカップ・チャレンジの対象で、優勝馬にはブリーダーズカップ・マイルの優先出走権と、出走登録料や輸送費用の一部負担特権が与えられます。
2017年以降は、1着~3着馬にジャックルマロワ賞の優先出走権が付与されています。
2018年からはヴィクトリアマイルと優駿牝馬共に、フランスのデスティナシオンフランスが提携中です。

ジャックルマロワ賞とヴェルメイユ賞がそれぞれ提携することになります。
安田記念の予想は、やはりトップクラスの競走馬が参戦するだけあって、一筋縄ではいかないのが面白いところです。
大きくはないものの、高低差がある急坂が存在するレース場なので、スピードだけでは勝負できないのが予想におけるポイントです。
差しや追込のレース展開になったり、これらが決め手となって勝負がつくことも珍しくありませんから、レース場の特徴を念頭に、出走馬の走りを検討することが大切です。
勿論、530mという直線も存在しますから、ここで引き離す馬が表れても不思議ではないでしょう。
3コーナーには下り坂までスタミナを消費し続けますから、スタミナの大小もレースにおいて無視できない部分です。
過去のレースでは、中距離を得意とする競走馬に有利との結論が出ているので、中距離向きの馬を好着と予想するのが賢明です。
レースは全体的に速いタイムが出る傾向で、スピード感溢れるレース展開が楽しめます。
スタートダッシュや瞬発力が良好な馬であれば、良い走りを見せてくれる期待が高まります。
先行馬は粘りやすく、バテずに最後まで走り切るケースも少なくないといえます。
いずれにしても、安田記念は面白いレース展開になると予想されるので、競馬ファンもそうでない人にも観戦の価値ありです。

2018年は1着1億1千万円、2着は4,400万円で3着は2,800万円と、高額な賞金が設定されました。
つまり、騎手にとっても魅力的な大レースですから、誰にとっても憧れの舞台だと思われます。
世界的には平地競走がパートIの最上位の格づけなので、国内だけでなく海外からも注目が集まります。
JRAか地方競馬所属、あるいは外国調教馬が参戦できるレースで、ハードルは高いものの割と広く出走のチャンスがあります。
意外な馬が走ることもありますから、安田記念は本当に面白く、時折予想を上回るレース展開を見せます。
予想のコツは安田記念の特徴とこれまでを頭に入れ、出走馬の血統や状態も細かく把握することです。
直感で決めるのも1つの方法ですが、1つずつ分析して絞り込めば、かなり現実味のある結論が導き出せるはずです。
データで確度の高い予測が可能ですから、情報を用いずレース展開を読むのは損です。
むしろ、積極的にデータ活用による予測をして、馬券購入の参考にすることをおすすめします。
思い掛けないレース展開になることもありますが、それも含めて特別な意味を持つレースです。

厳選された競馬予想はコチラ!

元競馬エイトの高橋氏を筆頭にプロの予想師が徹底的にフォロー!プロ独自の至高の情報を提供します!一昔前からの競馬ファンの方なら知られており、88年には「パドック必勝法-軸がズバリ!」という解説本も発刊してます。またスポーツ紙の競馬担当記者、競馬専門紙のトラックマン、競馬週刊誌の予想担当、ラジオ解説者と競馬メディア全ての媒体で取材経験もあり長年の経験を培ったプロの予想を提供しています。勝馬の栞に行く
JRAではトレーニングセンターがある、俗にいう「東=美浦」と「西=栗東」とで馬・厩舎、そして騎手も所属を分ける形を取っていますが、情報を届ける側も大きくこれに準じる形で配属されます。その東と西、それぞれにスペシャリストを配置しているので、不確定要素を排除した《勝率アップ》が見込めるという。素晴らしい的中率を持つ!競馬予想サイト。トップチームへ行く

無料で利用できる一般的な口コミサイトでは体験できないリアルタイム即反映のクチコミ投稿や競馬の特徴なども分かり易く説明したサイト!クチコミkeiba nowに行く

 

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!