競艇

【平均年収3300万円】ボートレーサーになるための条件とは?

みなさんボートレーサーってどうやったらなれるか知りたいと思いませんか?年収も凄い額を貰っている選手も沢山おり、とても魅力的な職業ですね。今回は競艇選手になる方法について説明したいと思います!

ボートレーサーになる為には?

憧れの職業ボートレーサー実は国家資格なんですね。つまりボートレーサーになる為には、国家資格検定試験に合格する必要があります。

資格検定試験は条件さえ満たしていれば誰でも受けることは可能ですが、実際は福岡県柳川市にある「やまと学校 現:ボートレーサー養成所」に入学し、1年間の授業や訓練を受けることが唯一のルートとなっています。

ボートレーサー養成所では、年に2回の入学式(4月、10月)がありますが、入学倍率が何と!約40倍(約2.5%)とても狭き門だという事が分かります。

ボートレーサー養成所受験資格

受験資格は下記のとおりです。

15歳以上30歳未満で、入学時に中学を卒業していること
・身長:175cm以下
・体重:男子は47.0kg以上57.0kg以下
女子は42.0kg以上50.0kg以下
・視力:裸眼で両眼とも0.8以上(メガネ、コンタクトは不可)
・弁色力:強度の色弱でないこと
・聴力その他の健康状態:選手養成訓練に支障のない者

ボートレーサー養成所入学試験

一般試験は、第1次(学科と体力試験)、第2次(身体検査、適性試験、体力試験)、第3次(面接、身体検査、適性検査)の3回となります。

学科試験「国語/数学/理科/社会」の4科目となっており、試験難易度は高校入試程度と言われています。体力試験に関しては、「柔軟性/筋力/瞬発力」の3つを見るための試験で、体力試験は4泊5日の宿泊合宿内で行われます。試験に合格するとボートレーサー養成所で競艇選手としての基礎を学ぶ事になります。また中学、高校、大学などのスポーツ活動で優れた実績をおさめた者を対象に、「スポーツ推薦試験」もあります。この場合第1次試験の学科と体力試験が免除されます。

ボートレーサー養成所の学校生活

ボートレーサー養成所での研修期間は1年間で、全寮制です。男性は坊主頭、女性はショートカットが義務づけられております。

また携帯電話は、持ち込み禁止となっているおり尚且つ基本的に外出が禁止となっています。しかし稀に外出日が与えられるようです。

週に1度だけ、公衆電話を利用することができますが、電話の前には長い列が出来ることもしばしば、その代わり手紙については自由に出せるので、手紙を使って連絡を行う生徒も沢山いおられるようです。学費については月に10万円掛かります。その他ヘルメット、ジャージ、購入費、雑費が別途必要です。

午前6時に起床し、午後10時には消灯で分刻みのスケジュールで管理されています。礼儀態度、行動など厳しく指導されております。特に身体面(体重)もきめ細かく管理されているため学校の雰囲気に馴染めず、途中で挫折してしまう生徒もいます。所謂スパルタ教育ですね。

今の時代には珍しくとても厳格だなと個人的には思いますね。その辛くて厳しい過程を乗り越えてこそ栄光が掴めるのだと思います。

因みに下記が1年間の訓練時間に対する配分となります。

学科 約280時間
実技(操縦) 約950時間
実技(整備) 約550時間
その他 約140時間

ポイントはボートの整備も自身で行うという点ですね。

写真を見る限り楽しそうに見えます(笑)モーターとプロペラの整備力がなければ、レースに勝つことは難しいのが競艇(ボートレース)と言っても過言ではありません。現在はモーターとペラ(プロペラ)は抽選によって付与されます。選手はレース期間中、モーターを設置したりプロペラを調整していきます。

デビューするまでにかかる必要

先ほどでも書きましたが、月に10万円、その他雑費が掛かったりと、ボートレーサーになるまで、約1,000万円ぐらいは掛かると言われており、競争倍率的にも金銭面からも決して簡単ではないという事ですね。

デビュー後の仕事内容

全国24か所にあるレース場に出場し勝利を収めることが仕事で、週末や祝日全国10以上の競艇場でレースが開催されている事もあり、日本モーターボート競走会が40~50名の選手を斡旋し、競艇場の番組編成委員が選手を割り振りを行います。

ボートレースは通常4日~6日の期間で開催され、1週600メートルの競艇場のコースを6艇のボートで3周して着順を競い、着順に応じて競艇選手は賞金を獲得することとなります。

出走回数は

4日間の開催で5レース
5日間の開催で6レース
6日間の開催で7レースです。

競艇選手は優勝戦で1着になることでランクが上がっていくシステムでそれに従って参加可能なレースや獲得金額も大幅に変わっていきます。

ボートレーサーの新人年収は?

待望のボートレーサーとして歩みだした新人ですがはたして年収はいかほど貰えるのでしょうか?

新人から始まるB2クラスの年収で約800万円です。夢のある職業ですね!だからこそボートレーサーは狭き門だという事が分かりますね。

A1上位選手の年収は?

そして気になるのは最上位クラスA1の中でもトップクラスの年収ではないでしょうか。あらゆる特賞レースを制し、名を馳せる選手は一体どのくらい貰っているのでしょうか。トップレーサーになると1億円以上を獲得し、中には2億円を超える選手も。過去の 年間最高獲得賞金は植木通彦・元選手の2億8,393万円 (2002年)。

因みに競艇選手の平均年収は約3,300万円でとても夢がある職業ですね。しかし命がけの競技の為、事故も年間約1,000件はあるそうです。完全に実力社会なのでレースで勝ち続けなければ、大きな収入も得ることができませんしランクが下がってしまいます。一見華やかにも見えますがとても厳しい世界なんですね。

しかし勝利を掴み取ると、この上ない感動や大金を得るという事でしょう!

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!