競艇選手

ボートレース【競艇】安達 裕樹選手とは

ボートレース【競艇】安達 裕樹選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
三重支部 4227 92期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
6.77 47.30% 62.59% 131回 6回

安達裕樹選手は三重県出身で、三重支部に所属するA1級の競艇選手です。第92期生で、土屋千明や大峯豊、毒島誠などの同期生選手がいます。安達裕樹選手は、2003年5月に津競艇場で開催された一般戦にてデビューを果たしました。同年6月には「第2回アクアンナイトカップレース」にて、6コースから捲り差しを決めて初勝利しました。2005年10月に若松競艇場にて実施された「西日本スポーツ杯争奪戦競走」では初優出を飾り、優勝戦では2着に入賞しています。

2007年5月には、津競艇場にて「第29回パール賞」が開催され、初優勝を飾っています。
彼が初めてG1レースに出走したのは、2007年11月の「常滑ダイヤモンドカップ」です。同年の「鳴門モーターボート大賞競走」では、2コースから差しを決めてG1初勝利を獲得しました。SGの初出走は2009年11月24日の「第12回競艇王チャレンジカップ」のことで、同年の12月の「開設57周年記念つつじ賞王座決定戦」にて5コースからスタートしG1初優勝を獲得しました。2010年7月に開催された「第15回オーシャンカップ競走」ではSG戦初勝利を果たしています。なお、2018年11月には通算1,000勝を達成しています。

安達裕樹選手の特徴や得意コースについては、平均スタートタイムは0.16で、SG級の選手としては平均的です。しかし、スタート事故が比較的多い傾向です。この選手はSG競走での優勝歴はありませんが、一般戦では優勝争いに臨めるほど実力のある選手です。どのコースからスタートしたとしても1着を取れる実力保持者です。

安達 裕樹(期別成績)

集計期間:2018/11/01-2019/04/30

勝率 6.77 2連対率 47.30%
3連対率 62.59% 出走回数 131回
優出回数 6回 優勝回数 2回
平均スタートタイミング 0.16 フライング回数 0回
出遅れ回数(選手責任) 0回 能力指数 65
1着 32.8%(43回) 2着 14.5%(19回)
3着 15.3%(20回) 4着 11.5%(15回)
5着 13.7%(18回) 6着 11.5%(15回)

安達裕樹選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 開設57周年記念 つつじ賞王座決定戦(2009年12月24日・津競艇場)

G2の優勝歴

  • 徳山モーターボート大賞(2016年3月14日・徳山競艇場)

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!