競艇選手

ボートレース(競艇)選手井口 佳典選手とは

ボートレース(競艇)選手井口 佳典選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
三重支部 4024 85期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
7.99 52.90% 77.45% 102回 6回

井口 佳典選手は三重県出身で、1999年にデビューしている85期のA1級選手です。
誕生は1977年8月22日で、身長は166cm、体重は52kgとボートレーサー向きの体型をしています。

血液型はA型で真面目ですし、やや頑固なところも見受けられますが、責任感があって我慢強い部分も併せ持ちます。
高校時代には競輪選手を目指し、練習中の怪我が原因で競艇に転向した過去があります。

一度サラリーマンを経験しているので、そこもまた少し変わった経歴だといえるでしょう。
本栖研修所に入所した後、森岡正博に師事をしてリーグ勝率7.15を記録しました。

85期の中では2位の好成績ですから、注目されたり今後に向けた期待が大きくなったのも頷けます。
デビューから5期目でA1級に到達、それから5年目にB2に落ちたので、他の同期と比べてG1の斡旋は少なめです。

しかし、2008年6月に開催された第35回笹川賞優勝戦では、5コースで驚異的なスタートを切り、まくり差しで勝利を収めて強い印象を残します。
再び井口 佳典選手が注目を集め、期待される選手になった瞬間です。

期待通り、同年の第23回賞金王決定戦で決定戦初制覇、翌年の2009年には賞金王決定戦とシリーズ戦2年連続優勝をしています。
2014年に通算1000勝を達成してからも、危なげなく記録を積み重ね続け、2018年に第53回総理大臣杯でSGV6を達成しました。
今まさに脂が乗っている40代なので、井口 佳典選手は要注目です。

  • 三重県立松阪工業高等学校卒業、高校時代は競輪選手を目指していたが、練習中に腰を骨折して競輪の道を断念し競艇に進路変更。サラリーマン時代を経て、本栖研修所(現在の養成所は福岡県柳川市にあるやまと競艇学校)に入所。本栖リーグの勝率は7.15と優秀で、85期中2位(1位は田村隆信)。卒業記念競走の優勝戦は、田村に次いで優勝戦2着であった。
  • 師匠の森岡は高校の先輩である。
  • デビュー5期目でA1級となるも、5年目にB2落ち、そのため同期に比べG1への斡旋は少なかった。
  • 2007年12月、福岡競艇において開催されたSG第22回賞金王決定戦に出場。初出場ながら決定戦に進出したものの、スタート直後に同期の湯川浩司と絡み合う形でエンスト失格(選責外)となる。
  • 2008年 6月、第35回笹川賞優勝戦、5コースからコンマ07のトップスタートを決めてまくり差し一閃、SG初制覇を飾る。
  • 2008年12月、住之江競艇において開催された第23回賞金王決定戦。揃ったスタートから危なげなく1マークを旋回して一気に逃げ切って決定戦初制覇。
  • 2009年は賞金王シリーズ戦へ回る事になる。節間3連対を外す事なく優出し、優勝戦でもトップスタートから逃げを決めた。賞金王決定戦・シリーズ戦2年連続優勝を達成した。
  • 2012年5月、第39回笹川賞で予選トップ通過、準優勝戦と順調に勝ち上がり、優勝戦もイン速攻で優勝。SGV4を成し遂げた。
  • 2012年7月、第17回オーシャンカップで予選2位で突破、準優勝戦と順調に勝ち上がり、優勝戦もイン速攻(決まり手 逃げ.12)で優勝しSGV5を達成した。
  • 同年、年末の賞金王決定戦に出場のする際に名付けられたキャッチフレーズはKing of Galaxy(銀河の王者)と決まった。
  • 2013年前期に適用される選手級別(審査期間:2012年5月1日〜10月31日)において、勝率8.21で自身初の1位となった。
  • 2014年8月30日、SG モーターボート記念にて通算1000勝を達成。
  • 2018年3月21日、第53回総理大臣杯で2コースから一気に1号艇の白井英治をまくり、SGV6を達成。

井口 佳典選手(期別成績)

集計期間:2018/11/01-2019/04/30

勝率 8.00 2連対率 54.10%
3連対率 73.33% 出走回数 120回
優出回数 7回 優勝回数 2回
平均スタートタイミング 0.15 フライング回数 0回
出遅れ回数(選手責任) 0回 能力指数 73
1着 30.8%(37回) 2着 23.3%(28回)
3着 19.2%(23回) 4着 15.8%(19回)
5着 7.5%(9回) 6着 3.3%(4回)

井口 佳典選手の得意コース、特徴は?

師匠の教えで、エンジンがよっぽど出てない時以外は泣きのコメントをしないようにしているようです。

平均スタートタイミングは0.11〜0.15でスタート力は素晴らしく、フライングを恐れないそのスタート度胸から最近では「ブチ込み王子」と呼ばれることも。

井口佳典選手のモーターが出ていてスタートに関しても遅れることなくきているのであればどこのコースからのスタートであっても舟券に絡めたい存在選手です。

井口 佳典選手の年収は?

2019年10月の時点での競艇賞金ランキングでは第10位で、獲得賞金は約5,500万円となっております。競艇は夢のある職業ですね!

井口 佳典選手の今後のご活躍を楽しみにしております!

井口 佳典選手の名勝負

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

井口 佳典選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第35回 笹川賞(2008年6月1日・平和島競艇場)
  • 第23回 賞金王決定戦(2008年12月23日・住之江競艇場)
  • 第24回 賞金王決定戦(2009年12月23日・住之江競艇場)
  • 第39回 笹川賞(2012年5月27日・浜名湖競艇場)
  • 第17回 オーシャンカップ(2012年7月22日・尼崎競艇場)
  • 第53回 総理大臣杯(2018年3月21日・浜名湖競艇場)

G1の優勝歴

  • 開設49周年記念 太閤賞(2006年3月30日・住之江競艇場)
  • 開設55周年記念 つつじ賞王座決定戦(2007年6月21日・津競艇場)
  • 開設53周年記念 オールジャパン竹島特別(2008年5月22日・蒲郡競艇場)
  • 全日本覇者決定戦 開設58周年記念競走(2010年6月8日・若松競艇場)
  • 開設59周年記念 つつじ賞王座決定戦(2011年9月22日・津競艇場)
  • 第58回 東海地区選手権(2013年1月29日・津競艇場)
  • 開設61周年記念 つつじ賞王座決定戦(2013年7月18日・津競艇場)
  • 児島キングカップ 開設61周年記念競走(2013年9月30日・児島競艇場)
  • 開設60周年記念競走 マーメイドグランプリ(2014年3月13日・常滑競艇場)
  • 徳山クラウン争奪戦 開設61周年記念競走(2014年9月21日・徳山競艇場)
  • 戸田プリムローズ 開設59周年記念(2016年3月8日・戸田競艇場)
  • 開設60周年記念 太閤賞(2016年7月31日・住之江競艇場)
  • 第62回 東海地区選手権(2017年2月23日・津競艇場)

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!