競艇選手

ボートレース(競艇)選手桐生 順平選手とは

ボートレース(競艇)選手桐生 順平選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
埼玉支部 4444 100期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
8.03 60.00% 72.00% 125回 9回

桐生 順平選手は1987年10月7日生まれの男性で、身長161cm、体重53kgとやや小柄なのが特徴です。
生まれは福島で現在の所属は埼玉と、地元を離れてレースに集中する日々が続いています。
血液型はAB型でやや高いプライドを感じさせるものの、同時に感性とセンスを併せ持っていますから、レースにおいてもそれが遺憾なく発揮されます。

2007年にデビューした100期生で、2019年の時点で32回の通算優勝を誇ります。
2015年と2017年にはSGボートレースクラシックを獲得していますから、実力の高さを窺い知ることができます。

実は競輪選手の兄を持っていて、分野は違いますが、兄弟でそれぞれ活躍を見せているのが魅力的です。
兄は競輪、弟は競艇で活躍することによって競技を盛り上げたり、注目を集めることに貢献しています。
義理の兄も競輪選手ですから、桐生 順平選手は兄弟揃って競技の世界で戦っているわけです。

桐生 順平選手も高校時代には自転車競技部に所属していたので、競輪の世界のことも少しは知っているといえます。
全国大会に出場したこともあるほどですが、結局のところは競艇の道を選んで進みました。

2007年のデビュー戦は3着の成績でしたが、4日目の第6レースで早くも勝利を果たしています。
翌年には優勝の成績を残しているので、当時はあっという間に注目度が上がりました。

以降もGI共同通信社杯新鋭王座決定戦やSG第39回笹川賞、そしてGI第1回ヤングダービーなどで勝利や優勝の実績を積み重ね続けます。
近年も変わらず活躍を見せていますから、桐生 順平選手は今後も目が離せない1人です。

  • 学校法人石川高等学校卒業。高校時代は自転車競技部に所属し、全国大会出場の経験を持つ。
  • やまと競艇学校時代、リーグ戦勝率7.37(準優出7 優出6 勝率1位)の成績を残して、卒業記念競走に優出(3着)した。
  • 2007年5月17日、戸田競艇場でデビュー(3着)。5月20日、4日目第6レースで初勝利(6走目)。
  • 2008年12月7日、戸田競艇場での「ボートピア岡部カップ 開設7周年記念」で初優出(5着)。
  • 2011年1月25日、宮島競艇場での「GI共同通信社杯 新鋭王座決定戦」でGI初出場。同日、第2レースでGI初勝利。
  • 2011年5月24日、尼崎競艇場での「SG第38回笹川賞」でSG初出場。27日、4日目第1レースでSG初勝利。
  • 2011年8月18日、戸田競艇場での「第34回戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯」で初優勝(優出22回目)。
  • 2012年5月27日、浜名湖競艇場での「SG第39回笹川賞」でSG初優出(6着)。
  • 2014年9月28日、地元戸田競艇場での「GI第1回ヤングダービー」でGI初優勝(3艇フライングによる恵まれ)。
  • 2015年3月22日、尼崎競艇場での「SG第50回ボートレースクラシック」でインから逃げ切り、SG初優勝。
  • 2015年4月9日、大村競艇場での「GI開設63周年記念・海の王者決定戦」優勝戦において、インからコンマ02のフライングを犯し、2016年1月29日までの間のGI及びGIIで出場停止となった。このため前年度覇者であったヤングダービーは出場資格を喪失。
  • 2016年2月9日、多摩川競艇場での「GI第61回関東地区選手権」で、4コースからST01のまくり差しを決め、GI復帰戦を優勝で飾った。
  • 2016年5月19日、平和島競艇場で行われた「GIトーキョー・ベイ・カップ・開設62周年記念」で1号艇1コースから逃げて、初の周年タイトル制覇。
  • 2016年11月14日、尼崎競艇場で開催された「GI開設64周年記念・尼崎センプルカップ」優勝戦にて逃げを決め、2016年3回目のGI優勝。
  • 2017年1月30日、戸田競艇場で行われた開設60周年記念「GI戸田プリムローズ」において、初の地元周年を獲得。
  • 2017年3月20日、児島競艇場で行われた「SG第52回ボートレースクラシック」で、2連率84.2%(1月14日使用開始)の47号機を引き、予選トップからの優勝を果たす。
  • 2017年12月24日、住之江競艇場で行われた「SG第32回賞金王決定戦」において、1号艇・1コースからコンマ16のスタートを決めて逃げ切り、賞金王決定戦初優勝。埼玉支部初の賞金王に輝き、2017年の最優秀選手・最多賞金獲得選手(2億1224万1000円)・記者大賞を受賞した。
  • 2018年3月30日、蒲郡競艇場において行われた「GI開設62周年記念(オールジャパン竹島特別)」で優勝(7個目のGIタイトル)。

桐生 順平選手(期別成績)

集計期間:2018/11/01-2019/04/30

勝率 8.32 2連対率 56.40%
3連対率 78.70% 出走回数 108回
優出回数 5回 優勝回数 2回
平均スタートタイミング 0.16 フライング回数 1回
出遅れ回数(選手責任) 0回 能力指数 75
1着 33.3%(36回) 2着 23.1%(25回)
3着 22.2%(24回) 4着 13.0%(14回)
5着 4.6%(5回) 6着 1.9%(2回)

桐生 順平選手の得意コース、特徴は?新世代ターン巧者

桐生 順平選手は「新世代ターン巧者」と言われており、トップレベルのスピードターンを誇っている。特に4コースや5コースからの差しと捲り差しを得意としており、連対率で見ても4コースは75%、5コースでは61%を記録しているほどの実力の持ち主です!

また6着の状態からターンで一気に2着へ入れるとてつもないターンのテクニックの持ち主なんです!

桐生順平選手は、どのコースからでも1着を狙えますが、特に1~4コースからのスタートの場合はかなり高い確率でそれが期待できます!

レースの展開を読むのを非常に長けており2週目3週目からでも大逆転が出来る選手です!

桐生 順平選手が出るレースは必見ですよ!お勧めです。

桐生 順平選手の年収は?

2019年10月現在では賞金ランキングで第6位!となっており、獲得賞金も約7,400万円となっております。凄い金額ですね!

今後も桐生 順平選手のご活躍を楽しみにしております!

桐生 順平選手の名勝負

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

桐生 順平選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第50回 ボートレースクラシック(2015年3月22日・尼崎競艇場)
  • 第52回 ボートレースクラシック(2017年3月20日・児島競艇場)
  • 第32回 グランプリ/グランプリS – 決定戦(2017年12月24日・住之江競艇場)

G1の優勝歴

  • 第1回 ヤングダービー(2014年9月28日・戸田競艇場)
  • 第61回 関東地区選手権(2016年2月9日・多摩川競艇場)
  • 開設62周年記念 トーキョー・ベイ・カップ(2016年5月19日・平和島競艇場)
  • 尼崎センプルカップ 開設64周年記念(2016年11月14日・尼崎競艇場)
  • 戸田プリムローズ 開設60周年記念(2017年1月30日・戸田競艇場)
  • 大渦大賞 開設64周年記念競走(2017年12月14日・鳴門競艇場)
  • オールジャパン竹島特別 開設62周年記念(2018年3月30日・蒲郡競艇場)

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!