競艇選手

ボートレース(競艇)松井 繁選手とは

ボートレース(競艇)松井 繁選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
大阪支部 3415 64期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
7.60 53.50% 69.71% 142回 7回

一流のトップレーサーとして有名で今までの成績も勝利回数が2000勝以上で優勝経験が100回以上あります。
ここまでの成績を持っている人はかなり少ないです。

正しく絶対王者の異名に相応しい人物で今後も更に勝利数を重ねていくこと間違いありません。
松井 繁についてもう少し詳しく説明すると、生年月日は1969年生まれで現在は49歳です。

第46期生で登録されて現在の級はA1級となります。
松井 繁が競艇選手になろうと考えたきっかけは父から競艇の養成所の募集案内を知人から貰い、そこから養成所の募集を受けてみた所合格をしたことがきっかけです。中学や高校では全く競艇とは関係がないテニスを行っていたので今まで全く縁がありませんでした。全く縁がなかったのに養成所に合格することが出来て、尚且つ選手としてトップクラスの位置に居るのは凄いことです。松井 繁が絶対王者と呼ばれ始めたきっかけは2012年の賞金王決定戦からになります。

松井 繁のレーススタイルはインがかなり得意な選手です。そのため1号艇ではかなり強くて周りの人も確実に1位を取ると考えられるほどです。インだけではなくアウトコースからも連に絡むほど強いです。1位を確実にとるという意思がレースから伝わってきます。

松井 繁選手(期別成績)

集計期間:2018/11/01-2019/04/30

勝率 7.49 2連対率 50.80%
3連対率 71.05% 出走回数 114回
優出回数 4回 優勝回数 0回
平均スタートタイミング 0.16 フライング回数 1回
出遅れ回数(選手責任) 0回 能力指数 72
1着 27.2%(31回) 2着 23.7%(27回)
3着 20.2%(23回) 4着 14.0%(16回)
5着 8.8%(10回) 6着 5.3%(6回)

松井 繁選手の得意コース、特徴は?

SG優勝が12回という「王者」の異名を持つ松井 繁選手は生涯獲得賞金が何と35億です。これは競馬界の武豊選手を抑えて公営競技史上初の30億円超えの選手とも言われております。

松井繁選手はイン屋なので進入コースの基本は枠なり進入ではあるが、イン寄りのコースが狙える時にはどんどん狙ってきます。

圧倒的に不利な6コースからでも入賞を狙ってくるTOPレーサーです。

松井 繁選手の年収は?

公営競技史上初の生涯獲得賞金30億円突破を果たす松井 繁選手!

2019年10月現在の賞金ランキングでは、第17位で獲得賞金は約5,000万円となっております。競艇は夢がある職業で良いですね!

松井 繁選手の今後のご活躍も楽しみですね。

松井 繁選手の名勝負

松井 繁選手の優勝歴

SGの優勝歴
第23回笹川賞(1996年5月27日・児島競艇場)
第3回オーシャンカップ(1997年7月20日・三国競艇場)
第14回賞金王決定戦(1999年12月23日・住之江競艇場)
第28回笹川賞(2001年5月20日・浜名湖競艇場)
第11回オーシャンカップ(2006年7月30日・若松競艇場)
第21回賞金王決定戦(2006年12月24日・住之江競艇場)
第43回総理大臣杯(2008年3月30日・児島競艇場)
第13回オーシャンカップ(2008年7月27日・蒲郡競艇場)
第56回全日本選手権(2009年10月13日・尼崎競艇場)
第24回賞金王決定戦(2009年12月23日・住之江競艇場)
第18回オーシャンカップ(2013年7月28日・三国競艇場)
第49回ボートレースクラシック(2014年3月23日・尼崎競艇場)
G1の優勝歴
開設36周年記念 戸田グランプリ(1992年5月18日・戸田競艇場)
第38回近畿地区選手権(1995年2月15日・びわこ競艇場)
開設43周年記念 海の王者決定戦(1995年4月25日・大村競艇場)
開設44周年記念 秩父宮妃記念杯(1996年4月7日・びわこ競艇場)
開設44周年記念 京極賞(1996年7月11日・丸亀競艇場)
開設45周年記念 つつじ賞王座決定戦(1997年6月10日・津競艇場)
開設44周年記念 マーメイドグランプリ(1997年8月3日・常滑競艇場)
モーターボート大賞(1998年4月21日・大村競艇場)
開設46周年記念 つつじ賞王座決定戦(1998年6月14日・津競艇場)
開設44周年記念 宮島チャンピオンカップ(1998年11月8日・宮島競艇場)
開設42周年記念 太閤賞(1999年3月11日・住之江競艇場)
モーターボート大賞(1999年9月19日・津競艇場)
第43回近畿地区選手権(2000年2月14日・尼崎競艇場)
開設46周年記念 ウエイキーカップ(2000年7月4日・多摩川競艇場)
開設47周年記念 浜名湖賞(2000年7月31日・浜名湖競艇場)
開設44周年記念 戸田グランプリ(2000年11月7日・戸田競艇場)
開設49周年記念 近松賞(2002年2月1日・尼崎競艇場)
モーターボート大賞(2002年9月29日・多摩川競艇場)
第30回高松宮記念(2002年10月8日・住之江競艇場)
開設46周年記念 太閤賞(2003年3月2日・住之江競艇場)
開設49周年記念 北陸艇王決戦(2003年3月16日・三国競艇場)
ダイヤモンドカップ(2003年4月13日・多摩川競艇場)
開設50周年記念 福岡チャンピオンカップ(2003年6月20日・福岡競艇場)
モーターボート大賞(2003年9月18日・下関競艇場)
開設51周年記念 つつじ賞王座決定戦(2003年9月28日・津競艇場)
開設49周年記念 競帝王決定戦(2003年10月25日・下関競艇場)
モーターボート大賞(2003年11月12日・三国競艇場)
開設51周年記念 近松賞(2004年1月17日・尼崎競艇場)
開設52周年記念 びわこ大賞(2004年4月7日・びわこ競艇場)
ダイヤモンドカップ(2004年11月18日・浜名湖競艇場)
開設50周年記念 競帝王決定戦(2004年12月12日・下関競艇場)
モーターボート大賞(2006年12月14日・鳴門競艇場)
開設50周年記念 太閤賞(2007年2月26日・住之江競艇場)
開設55周年記念 全日本王座決定戦(2007年5月17日・芦屋競艇場)
ダイヤモンドカップ(2007年12月14日・びわこ競艇場)
開設54周年記念 全日本王者決定戦(2008年1月20日・唐津競艇場)
開設55周年記念 大渦大賞(2008年5月18日・鳴門競艇場)
開設56周年記念 つつじ賞王座決定戦(2008年6月10日・津競艇場)
モーターボート大賞(2008年12月14日・津競艇場)
モーターボート大賞(2009年2月24日・大村競艇場)
開設52周年記念 太閤賞(2009年3月31日・住之江競艇場)
開設56周年記念 大渦大賞(2009年6月9日・鳴門競艇場)
第53回近畿地区選手権(2010年2月9日・住之江競艇場)
ダイヤモンドカップ(2010年11月10日・丸亀競艇場)
開設58周年記念 大渦大賞(2011年9月8日・鳴門競艇場)
第55回近畿地区選手権(2011年12月7日・尼崎競艇場)
開設59周年記念 近松賞(2012年1月17日・尼崎競艇場)
開設60周年記念 つつじ賞王座決定戦(2012年9月4日・津競艇場)
開設58周年記念 宮島チャンピオンカップ(2012年11月6日・宮島競艇場)
第57回近畿地区選手権(2014年2月11日・住之江競艇場)
開設62周年記念 つつじ賞王座決定戦(2014年5月8日・津競艇場)
開設63周年記念 びわこ大賞(2015年11月3日・びわこ競艇場)
開設61周年記念 トーキョーベイカップ(2015年12月8日・平和島競艇場)
開設63周年記念 尼崎センプルカップ(2016年1月17日・尼崎競艇場)
開設61周年記念 赤城雷神杯(2017年10月19日・桐生競艇場)
開設61周年記念 福岡チャンピオンカップ(2017年11月16日・福岡競艇場)
開設65周年記念 センプルカップ(2017年12月5日・尼崎競艇場)
G2の優勝歴
第10回競艇祭~競艇マクール賞~(2006年4月29日・大村競艇場)
モーターボート大賞(2013年4月28日・三国競艇場)
第57回秩父宮妃記念杯競走(2013年12月9日・びわこ競艇場)

競艇って予想するのが難しい!

競艇で勝ちたい!」という方は下記をチェックしてみてください!

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!