競艇

初心者様必見!ボートレースの出走表の見方を出来るだけわかりやすく解説します!

ボートレース予想に関しまして必ず必要とされている出走表
(または番組表と呼ばれています)ですが、内容が分からなければ意味を持ちません。
競艇予想で一番楽しく盛り上がるタイミングは「的中したとき」ですよね。
的中の最重要アイテムである出走表を今回は一つ一つ説明し、
どの項目を優先していくのかも書いていきたいと思います。

出走表はどこで確認できるのか

各ボートレース場24場、外向発売所(ボートピア等)、
ネット(ボートレースオフィシャルウェブサイト等)、
各スポーツ社発行の競艇新聞で確認出来ます。
ボートレース場や外向販売所は主に1ページ分の新聞の様な物で、
主に場出入り口等に置いてあります。
競艇新聞に関しましては、コンビニなどで販売されています。

【出走表に記載されている項目について】

左から【枠番】・【ボートレーサー情報】・【勝率(全国・当地)】・
【モーター・ボート性能】・【今節成績】が表示されています。

・【枠番】競艇は6艇で行う競技です。上から順番に1~6号艇の順に並んでます。
・【ボートレーサー情報】各選手の写真・登録番号・ランク・
  氏名・支部・出身地・年齢・体重・F/L数・平均STが記載されています。
・【勝率(全国・当地)】現在季全国勝率・当地勝率が記載されています。
・【モーター・ボート性能】選手の使用モーター・ボートの勝率が記載されています。
・【今節成績】現在出場中の日別成績が記載されています。

また、ものによっては上記記載分に加えて番記者予想、選手コメント等細かく掲載されています。

【項目別による注目ポイント】

さて、ここからは各項目による解説と注目すべきポイントを押さえていきます。
これらを把握し要点を押さえることで予想的中の近道となります。

「枠番」
記載項目にて記載しておりましたが、競艇は6艇で行う競技です。
1号艇から6号艇まで色分けされており、基本的にはこの順番でコースに入り
レースを行います。
1点注意しなければいけないパターンは「進入固定」以外の番組です。
進入固定とは、枠番通りにコースに侵入しなければいけないというルール番組の事です。出走表上部に記載されておりますので、毎レース確認することが必要です。
その場合は枠番通りのコース入りとなりますが、それ以外の場合は
基本的にコース取りは確定していません。
なぜなら、競艇は1コースが1番有利と言われておりますので
極端な話6号艇の選手が1コースに入る事もあるということです。
ですが、待機行動中にもルールがありますのでこちらに関しましては、
展示走行を参考に予想を組み立てていくと良いでしょう。

「ボートレーサー情報」
各選手の情報が記載されています。
注目すべきは「選手名」「階級」「F/L数・平均ST」の3点を重視しましょう。

・まずは選手名ですが、オフィシャルサイト等で調べると選手名をクリックすることが出来、そこから選手情報を調べることが出来ます。
そうすることにより、選手の得手不得手コースや、どのランクの番組に斡旋されているか
などが分かり、選手の特徴を確認することが出来ます。

・次に階級ですが、選手は上からA1・A2・B1・B2の4段階に振り分けられています。
A1級の選手はSGなどグレートの高い番組に斡旋されることが多く、常に上位ランクでの
戦いを行っているので巧い選手が多いと言うことです。
逆にB2級の選手は新人選手が多く、レース経験も浅い選手ばかりですので、
連に絡むことも少なくなります。
こちらも注意すべき点があり、事故点や産休などルール上でA1級の選手が
来季にB2級に降格する場合があります。
出走表だけみて(B2級だから連から外してもいいかな)と思う前に、
選手情報を確認し元々のランクなどを確認した方が良いと思います。

・そしてF/L数・平均STですが、
Fはフライング、Lは出遅れ、STはスタートタイミングを意味しています。
フライング、出遅れは共に舟券返金対象となり対象選手には重い罰則が科さられてしましますので、特にフライングを多くしている選手は思い切ったスタートを踏み込めない
可能性があります。
また、平均STは各選手のスタート力が示されている数値です。
0に近ければ近いほど早いタイミングでのスタートが切れており、
平均ST0.17を下回っていればかなり早いです。

「勝率」
「全国勝率」と「当地勝率」の2種類記載されています。
全国勝率は過去6ヶ月間、当地勝率は過去24ヶ月間を元に算出されています。
数値に関する計算式ですが、
競艇はレース順位に応じて点数が加算されます。
(1着10点、2着8点、3着6点、4着4点、5着2点、6着1点)
これらを出走本数で割ったものが勝率数値となります。
たとえばある選手が4回レースを行い1着、3着、3着、1着という成績なら、
(順位+順位+順位+順位)÷出走本数=勝率という計算式ですので、
(10+6+6+10)÷4=8となり勝率は8点とかなり高い数値で着を残していることになります。
つまり、10点に近いほど上位によく入る選手と言うことです。
もちろんこちらも注意すべきポイントがあり、この勝率の計算はグレート問わず
全レースを参照にした数値になっているので、同じA1選手でもグレートの高い番組に多く斡旋されている選手と多種ランクの入り交じった一般戦に多く斡旋されている選手の勝率は同等では無いと言うことです。
SG、G1などはA1級レーサーが多く、勝率を伸ばすことが困難です。
それに比べて一般戦では格下の選手も出場しており、番組によってはA1級の選手が
1コースに入り的中しやすい番組構成の物もありますので、比較的勝率が上がる可能性が
高くなります。なのでこちらもやはり選手情報を確認しどのグレートの番組に斡旋され、
成績を残しているのかを把握しなければなりません。

「モーター・ボート性能」
そしてモーターボートと言われるとおりモーター、そしてボートにも目を通して頂きたいです。
記載されているのはモーター・ボート共に勝率、連対率が書かれています。
こちらも上記記載されている勝率の計算式同様で記載されております。
モーター・ボート共に年1回新品に変更され、その際に勝率・連対率は一律0となります。
(変更時期は競艇場により異なります)
そしてこの2つは各場レース初日の前日に出場選手がガラガラ抽選を行い決まります。
モーターはいわばボートを走らせる為のエンジンですので、性能が良ければもちろん
スピードは出ます。ですのでこちらに関しましてはボートの数値より圧倒的にモーターの数値を確認することをお勧めします。
例えば、2連対率50%のモーターは2レースに1回の割合で2着以内に絡んでいると言うことになり、優秀なモーターだということになります。

「今節成績」
今節の全日程結果が記載されています。
例に挙げると、2日目の出走表の今節成績では1号艇の選手は初日に2回走り、
2Rに3コースからST0.8のタイムで2着、8Rに5コースからST1.3のタイムで
4着というように記載されています。
これらのレース結果を参考にすることで、今節スタートが見えているこの選手は
1コースなら逃げが決まりそうかな。など予想の幅が広がるわけです。

【優先すべきポイント】
初めは項目が多すぎて難しいとは思いますが、上記項目内容の中で最低でもここは
抑えるべきポイントと優先順位をまとめていきます。

モーター性能>選手階級>平均ST>今節成績>枠番

上記内容を極端に説明すると、
性能が高いモーターを使用しているA1選手が今節すべて枠に絡んでいて平均STが
0.15ほどで次のレースは1コースからなら連を外す予想はし辛いという事です。

出走表に関しましてはこちらで以上となります。

The following two tabs change content below.

めいら

京都在住の(めいら)と申します。楽しみながら勝つ事を求めながら情報提供出来ればと思います。
ABOUT ME
めいら
京都在住の(めいら)と申します。楽しみながら勝つ事を求めながら情報提供出来ればと思います。