競艇

【競艇初心者向け】競艇での鉄板レースの条件とは?

競艇は計6台のボートで競争するのですが、初めから有利、不利のコースがあり場合によっては「鉄板レース」と言われるレースが存在します。

今回は初心者の方へ向けた競艇での鉄板レースについてお話していきたいと思います。

そもそも鉄板って何?

ギャンブル初心者の方にとって、鉄板というとお好み焼きで焼く鉄板などを想像するとは思いますが、ギャンブルで言う「鉄板」とは、このレースが「間違いない」「ほぼ確実」という意味合いで鉄の板が「硬い」と「堅い」を掛けて使用しています。

つまり今回のレースは「1-2が鉄板だな!」というのは1-2でほぼ間違いなく当たる!って意味です。

私見では、配当は少ないが当たりやすい「2連複」での舟券購入が良いと考えます。

レース次第では、2連単より「2連複」の方が高配当になる事があります。

これはレース自体が鉄板過ぎて2連単に人気が集中してしまう現象なんですね。

競艇で鉄板レースになる条件

結論から申し上げますと

1号艇と2号艇の存在はとても大きくこの2艇のスタートがかなり重要です。

つまりどちらもいいスタートが切れないと勝つ可能性が極端に低くなるわけです。

その他鉄板レースと判断する要素を下記に綴っていきますね。

競艇では基本的には1号艇が有利

競艇(ボートレース)では基本的にIN側の1号艇が有利です。理由は最初のターンマークまで最短距離で走れるからなんです。さらに2番手以降は引き波に引っ掛かり易く外側に流されやすく前に出るのは難しいです。

特に大事な存在が2号艇で、この2号艇が壁の役割をしてくれることが多く、例えば2号艇のスタートが遅れると3号艇や4号艇にまくりを決められ1着を取られたりする可能性が大きくなります。

波の影響を受けずにまくられないようにしないといけないのが重要なんですね!

しかし競艇場によっては水面の特徴が異なり、1号艇の1着率が低いところも確かにはありますが一般的には1号艇が有利とされております。

あとは3号艇から6号艇までに強い選手がいない事です。これはデータで見ることも大事ですね。

競艇に詳しくなると「選手の出走表」だけですぐに予想が出来ると言います。

1号艇が有利なレース場

さて1号艇は有利とお話ししましたが、競艇場の中で1号艇1着率というものを見ていきましょう!

2018年 4月 1日 ~ 2019年 3月31日までのデータ。

1着率が高い順上位3位

大村競艇(ボートレース大村) 68.2 %
徳山競艇場(ボートレース徳山) 64.0 %
芦屋競艇場(ボートレース芦屋) 60.7%

1着率が低い競艇場上位3位

戸田競艇場(ボートレース戸田) 42.8 %
江戸川競艇場(ボートレース江戸川) 44.6 %
平和島競艇場(ボートレース平和島) 44.6 %

となっております。

あくまでも統計結果でのお話なので参考までに、スタートタイミング、選手の技量、モーター、天候(風向きや水面状況)などでも状況は大きく変わると思います。

原則進入固定競争いがいは1号艇が1コースからスタートする確率は「95%」となっています。進入固定競争については1号艇が1コース固定という事になります。

中には選手やデータ問わず、大村競艇場で1-2のみの1点買いで12R全てを買う方もいらっしゃるぐらいなんですね!

これは大村競艇場での4/22 G3アサヒビールカップ(4日目)開催分のレース結果です。

流石大村競艇!1号艇の1着が多いのは一目瞭然ですね!

1号艇の1着率なんですが、このレースだけに限るとなんと!75%もあります!

1号艇が有利なのはこれでご理解いただけたかと思います!

あとは各競艇場の特徴を掴む事がとても重要だと思います。

選手並びに階級で鉄板レースを見極める

選手の能力は勿論ですがそれを指標に表したものが階級です。

階級にはA1A2B1B2とあります。

引用元:選手級別決定基準 BOAT RACE
http://www.boatrace.jp/news/2011/05/20112_1.pdf

これも鉄板レースとして確信する条件として大きな要素となります。

つまりA1級選手が優良という事になります。これも出走表で確認しましょう!

例えば1号艇がA1選手でアウト側に格下クラスが多いと有利になります。

朝一のレースは鉄板レース?

多くの競艇場(ボートレース場)では、朝一のレースは1号艇にA1選手他の枠番はB1選手、B2選手という枠決めが多いです。

大村競艇場では1レースを「めざまし戦」というレースがあり、1号艇に主力選手(原則A級) で残り5選手はB級のレースという極端に偏りを持たせた番組構成にしています。

この場合1号艇の勝率は「約80%」で比較的に1号艇を軸に予想を立てることが出来るのです。

あとは2着予想ですが、本記事の全体を考慮して予想を立てたほうが良いと思います。

本番レース前の展示タイムで鉄板レースを見極める

これも重要ですね。展示タイムが良いと艇の直線でのスピードが速いという意味になります。

計測方法は2周目のバックストレッチのスタートライン延長線から第2ターンマークまでの150mを計測したタイムです。(福岡ボートレース場だけは計測地点が異なります。)

その他判断要素としては
・全速でターンに入っているか
・ターンが外側に流れていないか
・艇がばたついていないか
・ターンの出口での加速具合はどうかが重要です。

後は2マークのターン時ですが、ボートがターン後画面右側に抜けて行けばGOOD!ですが、画面下側に抜けていくのはBAD!だと判断している方も多いようです。

こちらも鉄板レースを予想する上で、大きな条件となります。

モーター勝率で競艇鉄板レースの条件を満たす!

モーター勝率というものはボートのエンジンの勝率の事を指します。

このモーターは抽選となっており、レース前日の前検日と呼ばれる日に行われております。

公式サイトに行くと下記のモーター勝率を確認する事ができます。

ここで見る限り52番が優秀なモーターだという事が分かります。

出走表には選手欄にモーター番号も記載されているので合わせて確認する事をお勧めします!

レースのラウンドで鉄板レースの条件を満たす!

レースにも予選、一般戦からグランプリまでレースの種類があります。基本的にはどのレースかで出走メンバーが異なります。

例えば予選、一般戦は番組編成委員というところが出走選手や枠番を決めますが、ここではあえてグランプリ優勝戦での枠番の決め方についてお話します。

競艇のグランプリの大まかな流れはトライアル1stステージ→トライアル2ndステージ→優勝戦です。

トライアル2ndステージの得点率1位の選手が1号艇になります。2位の選手→2号艇、3位の選手→3号艇、4位の選手→4号艇、5位の選手→5号艇、6位の選手→6号艇になります。

つまり優勝戦では得点率1位の選手が1号艇になりますから実力がある選手で尚且つIN側なので有利という事がお分かり頂けたかと思います。

この様に実力で枠番が決まる準優勝戦優勝戦などに絞ってみるのも良いかと思います。

鉄板レースは配当が低いので2連単でも良い!

鉄板レースになると配当が低いんですよ。ですから例えば1号艇が本命であれば1号艇を軸に流しで買うか2着予想が比較的に簡単なレースを選択しましょう!

正直言うと3連単でもガチガチの本命の場合600円台とか頻繁にあります。良くて1000円台ですから的中率から考えても2連単の方が良いかもしれませんね。

3連単に100円入れるか2連単で500円買うかは勿論各自の判断ですが、私の場合鉄板レースだったら2連単の1点~2点買いで絞りますね。

そうじゃないとトリガミになってしまいます!

まとめ

競艇での鉄板予想は全て運任せではないという事が分かって頂けたかと思います。しかしあくまでもデータ上でのお話なので、勿論想定外もあります。

ただ鉄板レースは当然の事ながらオッズが低く、当たっても1.4倍~2倍台が相場です。その為考えて賭けないと当たっても収支マイナスのトリガミになってしまうので注意してくださいね!

重要なのは舟券を購入するときは自信があるレース以外は無理して舟券を購入しない事です。

そうすることで日頃の勝率を高め、トータル収支でプラスに突き詰めていく事につながり鉄板予想を行うことが比較的容易になると思います!

とにかく鉄板レースを的中させる聖杯を掴むまで日々研究に尽きます!

それでは楽しい競艇ライフを!

よく当たる無料競艇予想競艇ロード!

とにかく競艇ロードは凄い!特に中穴、大穴狙いを得意としています!私も舟券を買う時にかなり参考にしていますね。無料情報もあるので試しましたが、かなり良い的中率ですよ。

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

The following two tabs change content below.

まさる

競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!
ABOUT ME
まさる
競馬や競艇で楽しんでいます!初心者の方へ可能な限り、分かり易く説明していきたいと思っています! また馬券、舟券の出目買いなどや様々な条件の元で聖杯を見つけるべく検証していきたいと思っています!